2018年11月02日

10月に入ってすぐくらいに、早速来年の手帳を買いました!
なぜこんなに早くに買うのかというと、お気に入りの手帳があって、私がよく行くお店では12月くらいにはいつも売り切れているからです。


それがこちら。
_20181029_110758



左から2017、2018、そして買ったばかりの2019年版です。


私の中では勝手に、こんなにかわいいんだから人気があって毎年売り切れているに違いないと思っています(笑)


私は小中学生のころ実家で鳥を飼っていて(十姉妹だったり、手乗り文鳥だったり、セキセイインコだったり)、鳥さんは大好きです。
数年前に迷子の鳥さんを一時的に預かっていたこともありました。


鳥さんもね、ちゃんとこちらの言うことがわかるんですよ〜。
遊ぼうよと誘ってきたり、お腹空いたと訴えてくるのもわかります。


そんな鳥さん好きな私にとってはたまらないデザインなのです♪


毎年中身も月ごとにちゃんと違うんですよ。
_20181029_111139



月間スケジュールを書くページのすぐ後に


_20181029_111801



週間スケジュールが記入できるのが私のお気に入り。


月間のほうに仕事や子供の行事などを書いて、週間のほうに詳しい時間とか思い付いた夕飯のメニューなどを書いています。時には簡単な一言日記など。


1月始まりなんですが、予備で10〜12月の月間スケジュール表がついてるし、翌年の1月の月間スケジュール表がついているのも便利。



最近はスマホでスケジュール管理をする人も増えているようですが、スマホを水没させた経験やある日いきなり電源がつかなくなった経験もある身としては、やっぱり手帳が安心。


あと、もともと書くという作業が好きなのかもしれません。


手帳のあちらこちらにかわいい鳥さんがちりばめられているのですが、私が今回一番惹かれたのがこちら。
_20181029_111109

寄り添う文鳥さん。



か、かわいい〜〜〜(*´Д`*)




昔は普通の飾り気のない手帳を使っていたんですが、最近はあちこちに癒しを求める傾向にあります。疲れているんだな・・・うん。



あ、調べたらネットでも売ってるみたい。
しかも、鳥さん以外にもシリーズでかわいい手帳を出してるみたいですよ。

DESINPHIL・MIDORI デザインフィル・ミドリ 2019年1月始まり(2018年10月始まり) 手帳 2週間式(週間ホリゾンタル) A6 ポケットダイアリー A6 オジサン柄 手帳2019 スケジュール帳2019 可愛い 大人かわいい エルコミューン ディズニー





※あーごめんなさい。ネットでも鳥さん柄は売り切れのようです。やっぱり人気なんだ!
まだ店頭にはあると思いますよ!!



もし今後店頭で買えなかったら、ネットで買おう。
なんか猫ちゃんのもかわいい。



みなさんはどんな手帳を買いますか〜(*´∇`*)











☆ランキング参加中☆
応援していただけると嬉しいです!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村








2018年10月29日

ちょっと遅くなってしまいましたが、10月の中旬、娘の小学校最後の運動会が行われました。


そしてこれは、息子の幼稚園入園から始まった『お弁当作って義父母をもてなす会』の終了も意味しています。

_20181014_172530

運動会のお弁当です。


一部義母が作っていますが、息子の幼稚園の運動会から娘の小学校最後の今回の運動会まで11年間、毎年義父母と自分の両親を招待していました。
私の中では子供を喜ばせるお弁当というよりは、義父母におもてなしをするためのお弁当であって、どうしても茶色いお弁当になってしまいました。
それでも子供たちはおいしいおいしいと食べてくれてましたが。



ここ数年は、腰が悪くなった父はこれなくなり、中学生になった息子も部活などでこれなくなり、人数も減っていました。


義父母に気も使わなければいけないので、運動会は私にとって楽しみなような憂鬱なような複雑な日でした。


でも、始まってしまえば大興奮!!


開会式では小さいころから知っている男の子が応援団長として選手宣誓を行っていて、たくましくなったその子を見ているだけで、涙が・・・・。


徒競走を見れば


「みんな大きくなって・・・」


と泣けてくるし、騎馬戦を見れば


「みんな立派に強くなって・・・」


と涙。


そんな中、1年生の演技を見れば


「あぁかわいい・・・。みんな最初はあんな小さかったんだよね・・・」


と涙。


涙腺崩壊の1日でした。


そして、最後は毎年恒例6年生のソーラン節です。


娘はテストに合格して、一番前をゲットしていました!さすがダンサー!!


息の合ったみんなの演技、大きな掛け声、振り付けも本当に格好良くて、本当に素晴らしくて、気分が高揚していくのがわかりました。



そして、
「あぁ本当に小学校最後の運動会なんだ・・・。6年間毎年楽しみにしていた演技ももう見れないんだなぁ。みんな元気に大きくなってくれてよかった・・・。」


とみんなの顔を見ていたらまたしても涙涙・・・・。


本当に子供の成長というのはそれだけで私たちに力を与えてくれるなと思いました。



そして同時に、親の老いを感じました。
うちの両親と義父母が会えるのはこの運動会の日だけだったので、帰りは4人で毎回お茶をしていたようです。
ですが、まずうちの父が腰痛の悪化で来れなくなり、最近は義父に認知症のような症状が表れて、馴染みのない小学校という場所で、人ごみにいるのが不安で疲れてしまうようでした。


義父は私の母のことを

「おばちゃん」

と呼び、うちの父のことを

「おじいちゃん」

と言っていたらしいです。


そう考えると、今年が最後でちょうどよかったのかもしれません。
どんどん来てくれる人が減っていくのも、娘も寂しいですからね。



長い間、こんなに多くの感動を与えてくれた子供たちに感謝です。


そして私。お弁当作りお疲れ様!!


※両親の老いについてお話ししましたが、昼食時に敷物に足をからめて捻挫してしまった私も十分老いたと言えるでしょう。







☆ランキング参加中☆
応援していただけると嬉しいです!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村








jun_rina_tk at 10:38コメント(0)小学校

2018年10月10日

ここ1〜2年で、人間関係の断捨離を進めています。


元々ママ友が多い方ではありませんでした。自分からぐいぐい行くほうではないし、うわべだけの付き合いがどうも苦手で。


そんな私にも、ご近所さんや子どもの習い事などで顔を合わせるうちに、ランチをしたりするママ友は何人か自然にできました。


仕事をしてるので数ヵ月に1度ではありますが、ランチでも行こうよ〜なんて誘ってもらいました。でも、行こうよ〜とは言ってくるものの、具体的な日程や場所はなかなか決めようとはしない。

なので毎回だいたい私がみんなのスケジュールを調整し、お店を調べて予約をしていました。


3年前に今の仕事に転職し、パートとは言え1日8時間労働になり、生活がかなりバタバタになりました。


またママ友からランチでもしよう〜とお誘いがあり、行こう行こう♪と返事はしたものの、忙しくていつものまとめ役のようなものはできません。

でも今まで私がやってきたわけだし、転職して忙しいのはわかってくれてるだろうから誰かが動き出してくれるだろう!と思っていましたが…



それから1年音沙汰なしでした…(^^;


まぁ深い意味はないのかもしれません。
ランチ行こうと思っていたけど、忙しいのはみんな同じなので、そのうち忘れてしまったのでしょう。


でも考えすぎる性格の私は思ってしまうのです。

『いつもランチ行こう〜って言ってくれてたのは、単なる社交辞令だった?
それを真に受けた私がせっせとスケジュール調整とお店の予約までしちゃって、実は迷惑がられてた?』


本当のところはわかりません。でもこんな思いをしてまで、関係性を続ける意味もありません。

やっぱり私から連絡とるべきなのかなぁ?と思ったりもしましたが、考えてみたらどうして私ばかりが場を仕切ってセッティングしなければいけないのかもよくわかりません。


もう、口先だけで何も動かないママ友とは距離を置くことにしました。


先日そのママさんと偶然外であったらまた、ランチでも行こう〜と言っていました。
あーこれは口癖なんだなーと思うことにして、愛想笑いで済ましておきました。
もちろんその後その人からはなんの連絡もありませんが、もうなんとも思いません。


そうやって、中途半端なつながりに距離を置いていったら、残ったママ友は2人くらいになってしまいました。

その人たちは口先だけではなく、今度ランチに行こうという話が出たら、必ずいつにする?どこにする?とお互いが自然に言い合える仲です。


子どもや旦那の話やご近所の噂話だけでなく、自分の夢や普段思うことなどを話し合える仲です。


やっぱり私は広く浅くよりも、狭く深くが合っているなーと思いました。


年賀状もかなり絞りましたよ。何年も会えなくても、いつかは会いたいと思ってる人には出すけれど、前の職場の付き合いとかでダラダラと送り合っていたけれど、もうきっと会うことはないかな…という人には出すのはやめました。


ある程度年をとり、仕事や家のことで忙しく、限られた時間のなかで誰かに時間を割くのであれば、それは大切な相手だけでいいと思うのです。

それは頭のなかも一緒。ムカつく人や理解できない相手のことで頭をいっぱいにするのは時間と労力の無駄!!!とこちらも断捨離。
まだ訓練中ですが。


あ、自分が断捨離されたこともありますよ。
自分のなかではもうママ友から友人に昇格したと思っていた相手に、会いたくて久々にメール連絡したら、アドレス変わってた(^^;
アドレス変更の連絡来てないし〜。


でも仕方ない。いつでも両思いになれるとは限らないのです。
また縁があればつながるでしょう。


ママ友関係は、去るものは追わない方がいいと私は思っているので。
(追ったら関係が悪化したことがあった)


そんなこんなで気がついたらほんとママ友少なくなっていました。まぁ今残っている人たちはママ友というより友人ですがね。


でも仕事も忙しいし、子どもにもまだまだ手がかかるし、親のことでも忙しいし…。
今はこれでバランスとれてるのかも。


子どもや親のことに手がかからなくなったら、またそこから茶飲み友達でも探します!










☆ランキング参加中☆
応援していただけると嬉しいです!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村









2018年09月30日

私は先日この本を読んで、あぁ私はこれだったんだ!と今までの疑問がすーっと晴れていく感覚を覚えました。

_20180930_153402~2



(読み返したいところに付箋がついています(;^_^A)


私は幼稚園くらいの時から

「どうして人はいつかは死ぬのに、生きなければいけないのだろう」


とずっと疑問に思っていました。
親に聞いても「そんなこと考えても仕方ないでしょ」と相手にしてもらえず、小学校の時に友人にそんな話をしても


「なんでそんなこと考えるの?」


と不思議がられて、あぁこんなことは人前ではあまり話してはいけないんだ・・・と自覚しました。


ことあるごとに、周りの子がすごく子供に思えて、なんでこの人たちは先生の言っている本当の意味や願いがわからないんだろう。
どうして決められたことをきちんとやらないんだろうと疑問でした。


時にそんな周りの生活態度が不快で、早くみんな大人にならないかな、そうすればもっと分別がついてきっと付き合いやすくなるのにと感じていました。


きっと大人から見れば「いい子」だったと思います。
掃除の時間はどんなにみんながさぼっていても一人黙々と掃除をしていました。
風紀委員をやり、遅刻者を取り締まったりしました。不良の子にもひるまず毅然とした態度で生徒手帳を没収(笑)
私のことを気に入らない同級生も多かったのかもしれません。


一見「しっかりした強い子」に見えたかもしれませんが、神経質で心配性でした。

大好きないとこの家に家族で遊びに行くと、ついたら必ず親に

「何時に帰るの?」

と確認していました。
親は決まって

「来たばっかりなのに、帰りのことなんて聞くんじゃない」

と言いました。
私は、楽しく遊んでいていきなり「もう帰るよ」と言われるのが怖かったので、だいたい何時に帰るのか知ることで、後悔のないようにいろんなことをして遊びたかったし、帰りが近づいてきたら心の準備をしたかったのです。
でも親には理解してもらえませんでした。


それは大人になっても変わりませんでした。
OL時代には「学校の校長先生みたいな言い回しをするね」と言われたことがあります。まあそれは例えで、難しい単語や言い回しをよく使っているらしいです。

お友達の家に招かれて、なかなか手伝いに動けなくて「何も手伝わない人」に見られることがあります。でもそれは気が利かないとかではなく


「台所に勝手に入ったら実は嫌なんじゃないかな・・・。この布巾はもしかしたら台布巾ではなくて食器を拭く布巾かもしれない。勝手に使われたら迷惑だよね・・・。このスポンジも食器を洗うものではなく排水溝とかを洗うものかもしれないし、事細かに家人のルールかあるかもしれないし・・・」

と悩んでいるうちに、出遅れてしまうのです。

気を使いすぎるという点で、大勢の飲み会も苦手です。
大皿で料理が来た時に

「これ、分けたほうがいいかな。でも好き嫌いがあるかもしれないし、食べたい量だって人によって違うだろうし・・・。」


なんて思っているうちに、ほかの人がささっと分けてくれて

「はぁ〜私って・・・」

と思うのです。
そして

「このメンバーだと、子供の話をしたら子供がいないMちゃんはつまらないかもしれない。旦那の話をしてもSちゃんは独身だし気を悪くするかな。この前のあの話はYちゃんは知らないし・・・」


なんて考えているうちに、またまた出遅れてもう何を話したら正解なのかわからなくなります。

私の身近な人にはよく

「考えすぎだよ。悩みすぎだよ。」

と言われます。

自分が病的だなと思うのは、テレビなどで例えば虐待されて亡くなった子のニュースなどを見るとき。辛かっただろうな、苦しかっただろうな・・・と涙するのはよくあることだとは思うのですが、また時間が経ってからも思い出して苦しくなったり、夜寝る前に思い出して、何か私にできることはなかったんだろうか、どうしてあの子があんな目に・・・とまた泣いてしまったりして、数日間苦しんでしまいます。


人の辛さは自分のことのように感じてしまい苦しみます。
そう、それがテレビの中の見ず知らずの他人でもです。

だらだらと書いてしまいましたが、上記はほんの一部に過ぎず、この40数年間何度も生きづらさを感じてきました。

障がいの本を読んで、自分はアスペルガーなのではないかと思ったこともありました。
でもアスペルガーが他人の気持ちを理解するのが苦手なのとは違い、私は他人の気持ちをほんの少しの表情の変化や言葉尻で読み取ることが得意でした。


そして、上記の本に出会い、私はHSC(ひといちばい敏感な子)であることがわかったのです。

HSCとは障がいとは異なり、その人の特性、特徴のようなもので5人に1人がそうであると言われています。

本を読み進めると本当に自分に当てはまることばかりで驚きました。

ざっくり言うと、生まれつきよく気が付き、深く考えてから行動する。悲しみや喜びを人よりも強く感じる。感受性が強く豊かな想像力がある。
正義感が強い。変化を嫌う。完璧主義。心配性・・・。


ちょっとうまく伝えられませんが、上記に書いた特性を持っていて「ちょっと生きづらいな・・・」と感じたことがある方は、この本を読んでみるといいと思います。

自分のこの特性がちゃんと説明してもらえていることがとてもうれしく、心が軽くなるのです。

そして・・・我が家では息子もHSCであると思います。

やはり幼稚園くらいのころから死生観についてよく口にしていました。
他にも幼稚園生らしからぬ難しいことをよく言っていたし、お友達と遊ぶより園長室で園長先生と遊んだりお話したりするほうが楽しいと言っていました。


周りのママさんや私の両親、旦那の両親みんなが

「〇〇くんって面白いね。」と言っていました。
この場合面白い=変わってるだと思います。気を使ってくれてたんですね。

でも、私は息子の言動をよく理解できました。なぜなら自分とそっくりだからです。

小学生になると、息子は周りと同じ幼いふりをすることにしたようです。そうしないと浮いてしまうし、色々と面倒だからと。
でも本人はどうして周りの子たちはこんなに幼いのかと日々うんざりしました。
特に男の子は幼い子が多いので、とても疲れていたようです。


小3時の担任の先生が、息子をよく理解してくれました。話した感じからすると、その先生もHSCだったのかもしれません。保護者からは変わり者扱いされてましたし。

息子に対しては

「多分息子さんみたいなタイプは、学校にくるだけでもとても疲れていると思います。とても頑張っています。褒めてあげてください。別に小学生特有のあの元気なはじける感じについていけなくても全然心配すことはないですよ。」


と言っていただけました。

でも6年生の先生はあまり理解がなく

「殻をやぶってほしいです!もっと本当の姿を見せてほしいです!」

と、修学旅行で一人一芸をみんなの前で発表させるというむちゃをさせて、息子はかなり苦しみました。本当の姿ってなんなの・・・?みんなとバカ騒ぎすることが本当の姿なの・・・?


という私も、親からは全く理解してもらえませんでした。
難しい疑問をぶつけると、「そんなこと考えても仕方ないでしょう」と言われ、完璧主義がゆえに親にも完璧を求め、生意気だとぶたれたこともありました。


感受性が強いがゆえに、小1時に仲直りの手紙としてお友達にポエムのようなお手紙を渡したら、それを親もいる前で朗読されて、親には「恥ずかしい・・・」と言われました。


なので、息子に対しては私は一番の理解者でいてあげたいと思っています。やはりオットも理解はできないようで、そんなこと考えても仕方ないだろうと一蹴です。


もしかしたら、自分の子供を育てにくい子だと思っている親御さんもいるかもしれません。もし私も自分がHSCでなかったら、息子のことをそう思っていたかもしれません。

そんな方たちにはぜひこの本を読んでもらいたいです。
HSCの人たちがどうしてそういった言動をするのかがわかります。
読んだからと言って、大きく何かが変わるわけではないのですが、「知る」「わかる」ということは大事なことです。

そして、私のようにもしかしたら自分が・・・と思っている方にもおすすめです。
今までわかってもらえなかった気持ちを代弁してもらっているようでとても気持ちがすっきりします。


そしてこの本を読んで思うのが、この特性をネガティブにとらえずにプラスに変えていこうということです。

私もこの特性のおかげで・・・ということがいくつもあります。息子もです。
本にも書いてありましたが、心配性=いろんなリスクを想定できるから失敗が少ない、傷つきやすい=人に優しい・・・などです。


そして私たちHSCである親子が楽に生きられるヒントが沢山書いてありました。


熱が入ってちょっと長くなってしまいました。
もしかして・・・と思う方はぜひ手に取ってみてください。


HSCの子育てハッピーアドバイス HSC=ひといちばい敏感な子 [ 明橋大二 ]













☆ランキング参加中☆
応援していただけると嬉しいです!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村









jun_rina_tk at 17:23コメント(0)育児

2018年09月24日

3か月ほど前に引っ越しした我が家ですが、ちょうどそのちょっと前に私の愛車である電動アシスト自転車が壊れてしまいました。

修理をしようとも考えたんですが、もう10年も乗っています。単なる自転車なら修理して乗ったと思うのですが、電動自転車は電化製品と同じようなもの。あまり古いものを無理やり乗っていて何かあっても嫌だし、新しいものもどんどん出ているので今の方がパワーもあるだろうし、バッテリーも長持ちすると思うのです。

ということで買い換えようということになったのですが、決して安いものではありません・・・。
私が住む町は坂が多いので、普通の自転車ではかなりきついです。
やはり電動アシスト自転車がほしい・・・。

ちょうど引っ越しが決まった頃だったので、経済的にも時間的にも厳しく、落ち着いたころに買いましょう・・・ということになりました。


そして3か月がすぎ・・・




やっと購入することができましたーーーー(*´∇`*)





決して安いお買い物ではありませんでした・・・。
しかも今テレビとレコーダーの調子も悪く、既にDVD,Blu-rayを見ることはできず、録画したものしか見れてません(^-^;
あと炊飯器をキャンプに持って行ったときにどこかにぶつけたらしくフタがずれてしまい、炊き上がりがいまいち・・・。
あ、息子の部屋にはまだエアコン設置してなかったんだ・・・。


とにかくこれから購入しなければいけないものが沢山あるなかで、家族会議で私の自転車を上位にあげてくれた家族に感謝です。


自転車大好きなオットは私よりも熱心に色々調べてくれました。


今流行り?の車輪が小さいものをオットに勧められたのですが、私はただでさえ小学生並みの身長なので、それで車輪が小さいものに乗ったら格好悪いのではないかと思い却下。


で、10年乗ってきたヤマハに愛着があるのと、オットもヤマハがいいと言っていたので、ヤマハのPAS Withに決めました。


その中でも色々レベルがあって。
オットが勧めてきたのがこちら。

9/21(金)20時〜ママ割エントリーでポイント5倍[ご予約][ヤマハ]2018 PAS With SP(パスウィズスーパー)[PA26WSP] 26インチ 電動自転車

価格:127,585円
(2018/9/24 13:39時点)





PAS Withの中で一番アシストパワーが強いものです。



でも、もう子供たちを乗せるわけでもないし、坂が多い町とは言え山道を走るわけでもないので、ここまでしなくても・・・というのが正直な感想。
もちろんお値段もその分高いですしね。


ということで、次にオットが勧めてきたのがこちら。


9/21(金)20時〜ママ割エントリーでポイント5倍[ヤマハ]2018 PAS With DX(パスウィズデラックス)[PA26WDX] 26インチ

価格:102,709円
(2018/9/24 13:42時点)





こちらはパワーは落ちるものの、少しデザインがおしゃれとのこと。
まぁ多少オシャレ感はあるけれど・・・そんなに大きな違いはあるか?


そして結局私が決めたのはこちら!

9/21(金)20時〜ママ割エントリーでポイント5倍[ご予約][ヤマハ]2018 PAS With(パスウィズ)[PA26W] 26インチ 電動自転車

価格:99,795円
(2018/9/24 13:45時点)










ヤマハPAS Withの中でも一番ノーマルなものです。
ひとつ上のものとパワーは同じ。でもデザインがノーマルなので少し安い。


ぜんっぜんこれでOK!!
これから買わなくちゃいけないものが沢山あるんだから、少しでも安いものを買おう!と決めました。
オットは最後まで一番高いのを勧めてくれたんですが、家のお金ですしね。(他人からのプレゼントだったら高いものにするかもだけどw)
その分テレビや炊飯器、エアコンに回しましょう。
(うぅ・・買わなくちゃいいけないもの沢山すぎる・・・)

早速新品の自転車でお買い物やサイクリングを楽しんでいますよ。
やっぱり10年前のものとは違う!!パワーがある!!
充電もかなり長持ちです。
新しいものを買ってよかった!!


今はサイクリングにちょうどよい季節なので、沢山乗りたいと思います!





☆ランキング参加中☆
応援していただけると嬉しいです!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村









2018年09月17日

昨日は私の母校の文化祭へ行ってきました〜!

きっかけは、息子が友達と私の母校の文化祭へ行くと聞いたから。
一応息子の受験したい高校の候補に私の母校は入っているらしく。見学も兼ねて行くとのこと。

自分の母校へ行ってくれたらそれはとてもうれしいんだけど、実は結構な進学校なので、もう少し頑張らないといけないかな・・・(;^_^A


まあ、そんなんで私も久々に顔を出してみようかなーと娘と一緒に行くことにしました。


高校へ行くのは本当に久しぶり。
久しぶりというか、卒業してから行ってないんじゃないかな?

となると・・・



なんと25年ぶり!!Σ(・□・;)





いや〜、驚き。四半世紀じゃないですか。怖い怖い。


でも、実際行ってみると・・・
つい最近までここに通っていたかのように、鮮明にいろんなことを思い出しました!


一人興奮して娘に一生懸命説明しちゃいました。


「ここ!ここがお母さんの自転車を置く定位置でね。そしてここの昇降口から入って・・・。

あぁそうそう、この窓からいつも校庭を眺めてね・・・。」



次から次へ、記憶の奥にあった思い出が蘇ってきて。色々あった青春時代のことを思い出して、胸がきゅっとなりました。
甘酸っぱい思い出。


活気ある高校生を見ていると、自分もこんなに若く輝いていたんだなーと思いました。
輝いてる本人は、きっと今がどれだけ素晴らしく貴重な時間なのかわからいないんだろうな。
自分がそうだったように。

過ぎてみてわかる。
まだどんな可能性だってあった。失敗したって、どうってことなかったはず。
もっといろんなことに挑戦すればよかったのかもな。
もっと自分をさらけ出してもよかったのかもしれない。


そんなことを考えてしまうのは、目の前の高校生たちが眩しすぎたからかもしれません。


つい最近のことのようと思っても、もう25年も前のこと。
そして隣にいる娘はあと3年もすれば彼らの仲間入り。


時は確実に過ぎていくんだなと実感しました。


ここのダンス部は全国大会でも上位の成績を残すほどの強豪校です。
娘はヒップホップを習っているので、体育館へ発表会を見に行きました。
多くの人でごった返していましたが、なんとか前の方をゲット。


たまたま近くに在校生の男の子たちがいました。


その子たちの実況がなんとまぁ楽しいこと。


「やっべ〜まじでかわいい。あ、あれ〇〇ちゃんじゃね?ほせぇ(細い)なあ。わぁまじでかっこいい。普通にかっこいいわ。」


「〇〇ちゃんかわいい。あの端の子だれ?え?全然雰囲気違う。たまんねー。」


などなど。あまりにも素直なかわいい感想に笑ってしまいました。


「ダンス部と付き合いてぇー」だって(*´∇`*)



大盛り上がりのあと


「はぁこれから部活かぁ」


なんて話していて、文化祭の日も部活なんてご苦労さんだなと思いました。頑張れ高校生男児。


でも、自分が高校生の時も男子なんてこんな感じだったのかな。
女子の前ではかっこつけていたけどね。



なんだかパワーをもらえた1日でとても楽しかったです。


パワーはもらえたけど、体はぐったり疲れて、翌日の今日は一日だらだらと休んでしました。
心はあの時のままでも、体がついていかないね(;^_^A










☆ランキング参加中☆
応援していただけると嬉しいです!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村







2018年09月14日

気づいたら前回更新から1か月も経っていました〜!
時が過ぎるのは早いですね・・・。

毎日バタバタと忙しくしていましたが、気持ち的にはなんとなく低空飛行気味で、ブログを更新したい気持ちがありつつも、仕事が休みの日はぐったりしていました。夏バテだったのかな。


もう随分と前の話になってしまいましたが、夏休みのキャンプの思い出など。


来年は息子は受験生です。
娘も中学生になりますし、もしかしたら今回が最後の家族そろってのキャンプになるかなぁといった感じです。


オットは夫婦二人でもキャンプに行く気満々らしいのですが、私は行く気ゼロ(^-^;
夫婦二人で行くなら温泉旅館とかでのんび〜りしたいです。



そして最後のキャンプ場に選ばれたのは・・・

長野県阿智村にある『銀河もみじキャンプ場』です。


環境省が実施していた全国星空観測で、「日本で星が最も輝いて見える場所」の第一位に選ばれたキャンプ場ということもあり、天文ファン、カメラマンの中ではかなり有名らしいです。


なので、予約は取りにくいですね。オットが必死になって取ってくれました。
しかも、ぺルセウス座流星群がピークの時期です!
期待が膨らみます。



息子も娘も体が大きくなり、我が家にあるテントだと窮屈になってきました。
なので今回はバンガローに宿泊。


_20180816_230914

隣のスペースにタープを張りました。





バンガローは本当に寝るだけの部屋で、電源はきていますが、トイレも流しもありません。
_20180819_143710




でも、テントよりは暖かいし、電気があるだけでもかなり快適でしたよ〜。
炊飯器でご飯も炊けるしね。



sketch-1534657341849

釣り堀もありました。
が・・・2時間ほどやって一匹も釣れませんでしたー( ノД`)
せっかく前回の釣りで上手に魚をさばいて串焼きにできるようになったのになぁ。




_20180819_144313

お昼は恒例の手作りピザを楽しみました。





近くに小さい子でも遊べる小さな川?がありました。
うちの中2と小6も楽しく遊びましたよ。
_20180819_143844



砂金だ砂金があるよ〜!!と騒いでいました(笑)
_20180819_143819






キャンプ場にはシャワーがあります。
1日目はシャワーにして、2日目は車でひまわりの湯に行きました。



露天風呂もありのんびりできました。
夏の間はプールもやっているみたいですよ。


お風呂に入って、アイスを食べて、お座敷でゴロゴロするのが至福の時。



さて、肝心の星空。

1日目。
基本は晴れているのですが、標高が高いので、雨が降ったりやんだり。
夜はどうかな〜と思いましたが、残念ながら厚い雲に覆われていました。

夜が更けて何度か外に様子を見に行き、もう遅いから寝ようか〜なんて話していた23時過ぎ、ほんのすこしだけ雲に切れ間ができました。


そしてそこから、なんと天の川が見えました(´∀`*)


ほんの少しの隙間しかなかったのに、そこにちょうど天の川があって、しかもまわりにもびっしりと星がありました。

すごーい!!!

もしこれが空一面だったら、どんなに素敵だろう・・・。


翌日に期待します。


そして翌日はきれいな青空。
DSC_1088





この調子なら見れるかも〜とわくわくしていましたが、そこは山の天気。
みるみるうちに雲が広がり、この日は夕飯時くらいからずーと雨でした(´;ω;`)


しかも、夜中はかなりの大雨で。
バンガローといえども作りは簡単なので、雨の音と稲光で正直一晩中眠れませんでした。


近くに大きな川や、土砂崩れが起きるような場所はないと確認済みだったのですが、やはり山のなかですから、自宅にいるときとは違う恐怖を感じました。


しかもネットがあまりつながらなくて、もちろんテレビもないので今の正確な状況がわかりません。不安な夜を過ごしました。


キャンプは自然を楽しむという目的もありますが、普段当たり前に使っている火や電気のありがたさを感じたり、屋根があって雨風をしのいで快適にすごせる家があるというありがたさを再確認するためのものでもあります。


今回もそれをひしひしと感じたのでした。


でも、あの隙間から見えたわずかな天の川でも本当に感動しました。


子供たちも星の多さに驚いていたので、息子の受験が終わったらぜひリベンジしたいなと思っています。叶うかわからないけど、このキャンプ場で空いっぱいの星を見るのが小さな夢です。



みなさんもぜひ〜と言いたいところですが、予約がなかなかとれないところなので、ライバルが増えるのもこまるな〜(笑)










☆ランキング参加中☆
応援していただけると嬉しいです!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村







2018年08月16日

先日、息子と母と横浜そごう美術館でやっている『フェルメール 光の王国展2018』に行って来ました。
_20180806_083601



息子の夏休みの美術の宿題で、1つの絵についてレポートをまとめるというのがあるらしく。


美術館に行かなければいけないわけではありませんが、息子がこれを機会に行きたい!と言ったのと、今回の横浜そごうの美術展は中学生以下は無料で、保護者用の招待券を学校からもらってきたので息子と行くことにしました。


娘はおばあちゃんち連泊で不在、保護者用チケットは2枚あったので、母も誘って息子と私と母という珍しいメンバーに。


こじんまりした美術展でしたが、小中学生で賑わっていました。
『夏休みの宿題にどうぞご利用ください』といった感じで、館内写真撮影はOKだし、最後に自習室が設けられていて、忘れないうちに宿題を仕上げることができます。



フェルメールに関する資料なども置いてありました。


息子はそこで30分かけて宿題を終わらせていました。私はその間母ともう一回絵を見てまわったり、おしゃべりをしたりで楽しんでたんですが、自習室から出てきた息子は


「待たせてごめんね。お陰で宿題終わったよ!」


と申し訳なさそうな、ほっとしたような笑顔。

夏休みの自由研究などにいかがですか。



せっかく写真を撮ったので一番有名な作品を。
DSC_1011

『真珠の耳飾りの少女』




その後せっかくだからみなとみらいのほうに行ってみようということになり、電車に乗ろうと思ってたんですが母の提案でシーバスに乗って行くことにしました。


DSC_1035



そごうの2階から乗り場に続く通路があります。


私たちはすぐ隣のみなとみらいで下船したので、10分くらいかな。


_20180805_194041



でも、十分観光気分を味わえます。


DSC_1033

「マリーンルージュで〜愛されて
大黒ふ頭で虹を見て〜♪」
サザンの歌もうたいたくなります。



息子の宿題をするのが目的でしたが、久々に横浜を堪能できてよかったです。


母も楽しそうでした。


今度は母を中華街にでも連れていってあげようかな、と思いました。





☆ランキング参加中☆
応援していただけると嬉しいです!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村







2018年08月04日

仕事が休みでも、休みではない。それが夏休み。


あ、すみません、ちょっと疲れていますが元気です(^^;


休みの日にはそれなりに楽しい予定もありますが、共働きなのでまぁ日々普通に仕事です。

娘は夏休みのほとんどをオットの実家で過ごしています。泊まりです。
同じく共働きであるオットの妹の子供たち(娘からするといとこ)が泊まっているらしく、わいわい楽しく過ごしています。
車で20分ほどの距離なので、習い事の日は帰ってきたりもします。



中学生の息子は、毎日部活に塾に大忙しです。


この夏私が本当に心配なのは熱中症。
息子は運動部です。熱中症対策で朝7〜9時の練習ですが、すでに朝から30℃を越えています。


怖いのは息子の帰宅後。
私が仕事から帰ってくるのは19時半過ぎ。


先日ある方のブログを見ていたら、昔部活から帰ってきた息子さんがソファでぐったりしていて、疲れたんだなぁと思っていたら40℃の熱があり、意識朦朧だったと。
あわてて救急病院に連れていったら、熱中症で危ないところだったと。


こ、怖い…(>_<)


誰もいない家で、もし息子が倒れていたら・・・と思うと・・・
(はい、心配性なものでね…)



なので、部活から帰ってきたら持っているキッズケータイでショートメールを送るように伝えてあります。
私がお昼休みにチェックできるように。
でもね


送ってきやしません"(-""-)"


夕方から塾へ行くのですが、到着後カードを通すと私のスマホに、自動で塾へ着いたことをお知らせするメールが届きます。


それで息子の無事を知ることになります。


やはりそれが届くまで心配ですね。小学生のころのお留守番よりはずいぶん任せられるようになりましたが、まだまだ心配です。


そして、息子は最近すっごくよく食べるようになりました。


しかも夏休み昼間家にいると、1日中食べています。


しっかりと朝食をとり、7〜9時で部活に行き、帰ってきてすぐ炊飯器に残っているご飯とお弁当用に買ってある冷凍食品をチンして食べている模様。

そしてお昼は私が作っておいたお弁当を食べ、おやつの時間あたりに甘いものや時にはコンビニでからあげなどを買って食べて、塾へ行く前に息子用に買っておいたコロッケパンや菓子パンを食べて、足りないと翌日用のロールパン1袋とか勝手に食べて、塾へ行きます。


で、塾から22時ころ帰ってきて、普通の夕飯を食べます。


た、食べすぎじゃない!?(((( ;゚д゚)))


まぁ運動をしているので体はしまってるし、オットに話すと男子高校生はもっと食べるよとか言われるんですがね・・・。


食費が大変なことになっていますが、どんぶり茶碗のご飯をもりもり食べる姿をみると気持ちよくもあります。
お腹を空かせてひもじい思いをさせるのもかわいそうなので、冷凍食品やパンなどを常に大量にストックしておいています。


まぁそんなこんなで、今年も平和な夏休みを過ごしています。


来週はキャンプ!!子供たちも大きくなってきたので、もしかしたらもしかして最後になってしまうかもしれません。(来年は息子が受験だし・・・)
楽しみです。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.


さて、本日8/4から楽天お買い物マラソンが始まりますね!
私が買う予定なのはこちら。

【送料無料】★用途で色分け★ フェイスタオル 10枚セット 8年タオル 240匁



リピート商品です。
8年タオルとは、8年使っても丈夫でほつれなどもないというところから名付けられたそうです。
薄いんだけど吸収力はしっかりとあり、結構なヘビロテで使って洗濯しまくっていますが、ほつれもヨレもなくしっかりとしています。
いわゆるふわふわのタオルとは違いますが、かさばらず場所もとらなく、冬でもすぐ乾くので私は気に入っています。色も選べるのが楽しい。あ、もちろん安いしね。

フェイスタオルがよかったので、今回バスタオルもこちらに買い換えようと思っています。

【送料無料】★用途で色分け★ かさばらないシンプルタオル バスタオル 5枚セット 8年タオル 1000匁








あとはいつもの父のむくみ対策、着圧ソックス洗い替えです。

セール!30%OFF 筑波大学共同開発ナイガイ BODY CLOTHING(ボディクロージング) アーチフィットサポート メンズ 靴下 男性用 着圧 ハイソックス 弾性 加圧 着圧ソックス 足のハリ軽減に2252-950男性 メンズ プレゼントポイント10倍



このソックスを履いているとずいぶん足が楽なようですよ。




あとでブロガーさんをまわって、お買い得商品を探します!








☆ランキング参加中☆
応援していただけると嬉しいです!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村







2018年07月25日

先日、話題のチームラボプラネッツTOKYOに行ってきました!


※記事内では施設内の画像や内容について書かれています。楽しみにしているんだから何も知りたくないよー!!という方は見ないほうがいいかもしれません。



DSC_0898


新豊洲駅からすぐのところにあります。


奇跡的にオットの休みと私の休みと息子の部活休みと塾なしと娘の習い事がお休みの日があり、ここしかない!!と事前にチケットを購入して行きました。


チケットは日にちと時間を選ぶようになっています。我が家は11時〜11時半の枠でとりました。当日券も購入できるようですが、会場まで行って買えなかったらショックなので、私は絶対前もって購入しようと決めていました。


ですが予想以上に平日の朝というのは車が混んでいて、会場に到着したのは11時過ぎ!!
かなり焦りましたが、過ぎていたのがよかったのか、全く並ぶことなくスイスイなかに入ることができました。


時間前に来たと思われる人たちが臨時で作られたようなテントの下で待っていました。


この日もひどい暑さだったのですが、入り口のところで冷たい水のペットボトルを配ってくれていましたよ。気配りが素敵。


中に入る時に、スマホ用の首から下げる防水ケースを貸してくれました。あとの荷物はロッカーに入れて、水のエリアもあるので靴も靴下も脱ぎ、手ぶらで入ります。


例えばポケットのカギとかたばことか、小さなものもすべてロッカーに入れておいたほうがいいと思いますよ。夢中になってしまうと、落としても気づかないと思います。

館内ではタオルも貸してくれるのでほんと手ぶらで大丈夫です。
あと、館内はほとんど床も鏡張りなので、スカートで行くと下から下着が見えてしまいますよ。


先ほど並ばずにスイスイ入ることができると書きましたが、中はやはり人が多くいます。
ローラちゃんや山ぴーがCMでやっているようながらーんとしたところに自分たちだけというのはありませんでした。
でも、あまり人がいないのも逆に怖いかも。みんなでワイワイも楽しかったですよ。



中を少し紹介。
私が一番感動したのはやっぱりこれかな。

_20180725_143743


きらきらきらきら不思議な空間。
色も変わるし光の動きも変わるし、なんかこのまま未来空間に行ってしまいそうな感じでした。




DSC_0921






_20180725_143921





こちらも素敵でした。
水に鯉が泳いでいるように見えます。

DSC_0939



触ると鯉が花に変わり、その花を触ると花びらが散ってしまうという・・・なんとも幻想的です。



こちらはひざ下くらいまで水がきます。
小さいお子さんは太ももくらいまで水に入ってましたね〜。でもびしょびしょになってしまうと次からのお部屋に入れなくなるとお姉さんが言っていたので注意です。


暑い日だったので気持ちよかった〜。
小さい子も大喜びで鯉の映像を追いかけていました。あ、大人もみんな我を忘れて追いかけていましたよ(笑)



sketch-1532496359741

次は大きなバルーンが浮いています。
様々な色に変わります。




_20180725_142804





ここも小さいお子さんが喜んでバルーンで遊んでいました。
あっちこちから飛んできたバルーンにつぶされそうになりながら我々大人もはしゃぎましたよ。



あと上手に写真は撮れなかったのですが、宇宙空間のような場所がありました。みんなそれぞれ座ったり横になったりしてその空間を楽しんでいました。
そこは本当に不思議な空間で、私にとっては癒し効果もあった気がします。



ゆっくりまわっても1時間ちょっとで終わりました。
お台場のほうが広いみたいですね。ぜひそちらも行ってみたいな。


お値段は少し張りますが、近ごろ遊びには全くついてこない中2息子も、


「すごく楽しかった。ずっと忘れないと思う」


と嬉しいことを言ってくれてました。


この後は無料施設『ガスの科学館』に行き、ららぽーと豊洲で遅めのお昼とお買い物をして帰ってきました。


とても充実した1日でした〜(^∀^)
私もずっと、忘れません。












☆ランキング参加中☆
応援していただけると嬉しいです!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村







プロフィール
じゅん
神奈川県横浜市在住
2004年生まれの息子
2006年生まれの娘
オットの4人家族。
パート勤めをしながらなんとか育児しています。
みなさんに楽しんでもらえる役に立つ記事を提供していきたいです。
注意事項
当ブログの情報、その他内容によって被ったいかなる損害においても、管理人は一切責任を負うことができません。
商品の購入、登録などの最終判断は自己責任でお願いいたします。
記事検索