2016年06月

2016年06月12日

修学旅行も無事終わり、いよいよ息子の矯正がスタートしました。

まずは床矯正と言って、上顎に装置を着けます。
こんなやつ↓

DSC_0186



金具のところを奥歯に引っかけて、入れ歯のように上顎にパカッとはめ込みます。
最初はオエッとなっていましたよ。でも早いもので、数分で慣れました。
そして、『た行』『さ行』がなかなか上手に言えなかったのですが(お母しゃーんみたいな)、これも翌日には言えてました。
子供だからかな。すごい。

食事と運動の時は外して、それ以外はずっとつけています。低学年、中学年くらいに始めていれば、夜寝るときだけの装着でもよかったのかもしれませんが、息子は上顎の成長がもうすぐ終わってしまいそうなので、できるだけ長くつける必要があります。


真ん中にネジがあって、週に一回私がネジを回します。すると真ん中が少しずつ開いてきて、それにあわせて上顎も広がっていく…という仕組み。

うまくいくといいな。


変化がわかるように、病院で撮ってもらったbeforeの写真を載せておきます。
特別な器具を使って歯茎むき出しなので、そういう画像が苦手な方はここでUターン!!










まずは正面。
_20160522_172233








一見なんの問題もなさそう。
歯並び自体はきれいなもんです。



斜めから
DSC_0171







ほーんのちょっとだけ、下の歯が上の歯の前にきてしまっています。ほんの数ミリ。


もっと簡単に治らないの!?なんて思っていましたが、次の写真がちょっと衝撃でした。


DSC_0172







真横からです。
あ、結構下顎出てるのかも…。




これを見て、初めてちゃんとした矯正が必要なんだと納得しました。



まずは床矯正を最低8ヶ月…。
でも、にこっと笑っても、矯正器具はほとんど見えないので、本人は安心したようです。



取り外しができる分、学校でなくしたり壊したりしそうなのが心配ですが…。


なんて言ったって、今回のお支払い27万円也…。


今後の月1回の通院費は含んでいません。
別途毎回5400円かかります。
ふぅー。


まぁとにかくもう引き返せないんだし。
頑張るしかないね!!


また報告します。




☆ランキング参加中☆
応援していただけると嬉しいです!
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村







プロフィール
じゅん
神奈川県横浜市在住
2004年生まれの息子
2006年生まれの娘
オットの4人家族。
パート勤めをしながらなんとか育児しています。
みなさんに楽しんでもらえる役に立つ記事を提供していきたいです。
Archives
注意事項
当ブログの情報、その他内容によって被ったいかなる損害においても、管理人は一切責任を負うことができません。
商品の購入、登録などの最終判断は自己責任でお願いいたします。
記事検索